妊娠力をアップするために必要な妊活の基本中の基本を紹介しています。妊活中のご夫婦がご一緒に御覧になって、夫婦協力して妊活を進めて下さい。

妊娠力をアップするためにしておきたい2つのこと

妊活中の運動について

適度な運動は妊活中に必要なものです。

筋肉は熱を作り出すため、冷え性改善や低体温改善にもつながり、血流がよくなります。

血流が良くなることで、卵巣や精巣周りの血流も良くなるため、妊娠力も上がり、卵子や精子の質の向上にもつながってきます。

また、身体を動かすことは、ホルモンバランスを整えることにも役立ちます。

筋肉を鍛えることで、代謝があがりホルモンバランスが崩れにくくなります。

ホルモンバランスが乱れてしまうと生理周期が狂ってしまい、妊娠しにくい原因にもなります。

女性ホルモンの分泌を促す脳の視床下部はストレスに弱いとされています。

身体を動かすことは、ストレス解消にも繋がるため、妊活中には効果が期待できます。
 

妊活中でNGな運動スタイルとは

ただし、激しい運動は妊活中は控えるようにします。

激しく動くことで、大量の活性酸素が体内で発生してしまい、身体の酸化が促されてしまいます。

活性酸素は、卵巣や精巣にも悪影響を及ぼし、卵子や精子の老化につながります。

妊活中の運動は、体の冷えやホルモンバランスを整えることが目的となるため、激しい活動量は必要なく、大きな負担を感じずに、毎日継続しやすいものを選ぶようにします。

代表的なものには、ヨガやストレッチ、ウォーキングがあります。

ヨガは、身体全体の筋肉を無理なく使うことができ、代謝の向上やリラックス効果も期待できます。

柔軟性がない場合は、ストレッチも適しています。

ストレッチを行う場合は、お風呂の後の血行が促進された状態で行うことでより効果が期待できます。